読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リザードンの型と対策 環境上位ポケ攻略講座 ポケモンサンムーン

 こんにちは。

前回はテテフの対策記事でしたが、今回も対策が難しいポケモンの対策記事を書いていきたいと思います。

私自身がいつも構築を考える上で鬼門になるポケモンから記事にしていこうと考えたところ、2回目の今回はリザードンにすることにしました。

当然ですがXとY両方の対策になるポケモンを提案出来ればと思います。

 

さて、本題です。まずリザードンの特徴から。

f:id:atlasyu:20170216032722g:plain

リザードン

種族値 78 84 78 109 85 100

タイプ ほのお ひこう

とくせい もうか サンパワー

とりあえず基本性能を書いてみましたが、リザードンの強さはここにはありません。 

レートをやってる方ならみなさんおわかりかと思いますが、

メガ進化でXとYの2種類に分岐進化する上、どちらも対策困難な超火力アタッカーであるというのがリザードンの強さです。

それぞれの基本性能を示します。

f:id:atlasyu:20170302200323g:plain

メガリザードンX

種族値 78 130 111 130 85 100

タイプ ほのお ドラゴン

とくせい かたいつめ

赤で書いたところがメガリザードンXの強さの最大の理由と考えます。

まず、A種族値130ですが、これはガブリアスのAと同じ値で、アタッカーとして十分な数値です。

その上、特性かたいつめは直接攻撃の威力が1.3倍になるという特性ですが、

リザードンが覚える有用な物理技は、

ドラゴンタイプのドラゴンクローやげきりん

炎タイプではフレアドライブニトロチャージ

その他 かみなりパンチやじしんがあります。

この中の技ではじしんを除く技は全て直接攻撃ですので、メガリザードンXはこの特性を最大限活かせるポケモンの一匹と言っていいと思います。

さらに、ほのお ドラゴンの攻撃範囲は非常に広く、

ほのおを半減する水 炎 岩 ドラゴン のどのタイプにも等倍以上でドラゴンタイプの技が通るので、タイプ一致技をともに半減できるポケモンはメジャーどころでは

カプ・レヒレマリルリヒードランくらいで非常に少ないです。

その3匹にもじしんやかみなりパンチが通ります。

つまり、種族値と特性がかみ合った高火力を出せる上に、技範囲が非常に広いという特徴があり、これが他のポケモンにはない強力な点です。

さらにほのおタイプなのでやけどしないのも物理アタッカーとして止めにくい優秀な点ですね。

そしてりゅうのまいつるぎのまいといった火力強化技もそろい、さらにははねやすめという再生回復技まで備えています。

種族値はC130は無駄になりがちですが、S100と中速、耐久も並以上で隙は少ないです。 

f:id:atlasyu:20170302204533g:plain

メガリザードンY

種族値 78 104 78 159 115 100

タイプ ほのお ひこう

とくせい ひでり

一方、こちらはYですが、こちらの強みはなんといっても規格外の火力です。

C159からひでりにより、炎技を1.5倍で打ちつつ、水タイプに弱点をつけるソーラービームを1ターンで放てるのが強みです

範囲こそXより狭いのですが、炎技の火力は、性格補正なしのかえんほうしゃですらH252クレセリアを47.5~55.9%と受けきることができず、ほとんどの耐久型は突破されてしまいます。

もちろんだいもんじやオーバーヒートはさらに火力が出ます。

比較的狭い範囲をカバーするためには特殊型の特権めざめるパワーがあります。

C159の火力は補正なしでもめざパ氷で無振りガブリアスを確定1発と、十分な火力が出ます。

また打つ相手はそれほど多くないですがきあいだまエアスラッシュもあります。

さらにAも104とそこそこあるので、対炎はじしんという選択肢もあります。ただし実際は半減でも炎を押せるレベルの火力が出るので、ヒードランピンポイント気味です。

耐久もX同様並以上あり、Sも同様に100と中速、こちらも隙は少ないです。

 

ではPGLのデータを見てみましょう。

f:id:atlasyu:20170216032722g:plain

リザードン

持ち物 

f:id:atlasyu:20170302212656p:plain

性格

f:id:atlasyu:20170302212728p:plain

f:id:atlasyu:20170302212759p:plain

XとYが混同しており見にくいデータになっております。私の独断での判断が入りますが整理してみます。

特徴としては、

①持ち物はXとYのメガストーンでほぼ100%、それぞれの割合は50%程度

②性格はXはいじっぱり、ようき Yはおくびょう、ひかえめでほぼ100%

③技はほとんどが高火力ウェポン

といったところでしょうか。カプ・テテフ同様に高火力を活かしたアタッカーが主体であることがわかります。

 

では一般的な型解説です

メガリザードンX

持ち物 リザードナイトX

性格 いじっぱりorようき

努力値 A252 D6 S252など

ほぼ確定技 フレアドライブ

選択技 げきりん ドラゴンクロー りゅうのまい ニトロチャージ つるぎのまい 

    じしん かみなりパンチ

技構成に関しては

例① フレアドライブ げきりんorドラゴンクロー かみなりパンチorじしん りゅうのまい

例② フレアドライブ げきりんorドラゴンクロー ニトロチャージ つるぎのまい

の2パターンがメジャーでしょうか。

中にはおにび はねやすめ ニトロチャージ ドラゴンクローでHSベースの耐久リザXといった奇形も存在します。数は多くないですが警戒する必要があります。

 

メガリザードンY

持ち物 リザードナイトY

性格 おくびょうorひかえめ

努力値 C252 D6 S252など

ほぼ確定技 ソーラービーム

選択技 かえんほうしゃ だいもんじ オーバーヒート めざめるパワー(氷) ニトロチャージ きあいだま エアスラッシュ みがわり

技構成は

例① かえんほうしゃ オーバーヒート ソーラービーム きあいだまorエアスラッシュorみがわり

例② だいもんじ ソーラービーム ニトロチャージ めざめるパワー(氷)

①炎技の火力を最大限生かした型、②は呼びやすいガブリアスに対して交代際にニトチャを入れ、最速スカーフ以外であれば返り討ちにすることのできる型です。全抜き性能もSを上げることで上がります。

 

さて、ここからは対策です。

あらかじめ言っておきますがはじめに対策最有力のポケモンを上げます。KP上位ポケモンで面白味はないのはご容赦ください。

 

f:id:atlasyu:20170302223008g:plain

ガブリアスこだわりスカーフ

特性 さめはだ

性格 ようき

努力値 A252 B6 S252

技 げきりん じしん ストーンエッジorいわなだれ どくづきorほのおのキバ

言わずとしれたレートの守り神です。

正直こいつがいなかったらリザードンが強すぎます。それだけ安定感があります。

ニトロチャージも考慮すると、後出しでXYともに安定して処理できるポケモンはほぼ皆無と言っていいですが、こいつに関して言えばかなりそれに近い性能を持っています。

S102のおかげで素早さが1段階upした状態でもスカーフ込みで上をとることができます。

Xは交代際にドラゴン技を入れることがスカーフガブリアスを倒す方法ですが、ドラゴン技がげきりんのことも多く、縛られる技なので選択しにくい(もちろんガブリアスが襷型の場合交代際にげきりんを選択すると逆に次ターンのじしんやげきりんガブリアスに狩られてしまいます)、

Yの場合は同様に交代際にめざパ(氷)を入れることがスカーフガブリアスを倒す方法ですが、比較的安定のニトロチャージを交代読みでも選択することが多い(ガブリアスが襷型の場合交代際にめざパを選択すると逆に次ターンの岩技やげきりんで狩られてしまいます)。またYはそもそもめざパを持っていない個体もそこそこいます。

という理由で比較的安定しで後出しができます。もちろん完全に型まで読まれてたり思い切った立ち回りをされたら無理ですがw

リザードン対策に困ったらまずこいつを思い浮かべれば間違いないです。

あとはウツロイドでも同じことが可能ですね。

しかし私のように縛りでガブリアスウツロイドを使えないという人は以下のポケモンたちで対策を考えてはどうでしょうか。

 

f:id:atlasyu:20170118124610g:plain

メタモンこだわりスカーフ

特性 かわりもの

性格 S下降ならなんでも

努力値 H252 Dが実数でBより高くなるように S0 あとはなんでも

技 へんしん

まあここからが他とは少し違った独特の対策案が出せればと思ってます。

私の記事見て下さってる方にはおなじみのメタモンです。

こいつの強いところはつるぎのまいを積んだリザXなどを逆にこちらのエースにできる点です。死にだしでならどんなに積まれていても安定して倒せ、相手の選択次第では後出しも十分可能です。

ただし数は多くないですが、みがわり持ちにみがわりを残させないようにだけ注意しましょう。それだけ注意すれば問題ありません。

もちろん汎用性も高く環境に刺さっているポケモンなので使い勝手も良いです。積んだパルシェンウルガモスにも強いのも高評価です。

メタモンの育成時の注意点などは以下記事をご覧ください。

 

atlasyu.hatenablog.com

 

f:id:atlasyu:20170225101638g:plain

プテラプテラナイト

特性 かたいつめ

性格 ようき

努力値 A252 D6 S252

技 じしん ストーンエッジ アイアンヘッド こおりのキバ

テテフ対策のところでも出てきましたね、メガプテラです。

こおりのキバがあればガブリアスへの打点もあり、環境上位4体(カプ・テテフガブリアスミミッキュリザードン)に強く出れる非常に環境にささっていると思われるポケモンです。

リザードン対策ではXYの判別ができなくても対処できることが重要で、対策というからにはそれを実現しないといけません。

プテラであれば、命中80と難があるものの、YはもちろんXも耐久無振りならストーンエッジで確定1発と安定感があります。もちろん上から殴れます。

Yの場合はリザードン側の有効打があまりなく、最高打点のオーバーヒートも確定で耐えるので、死にだしであればニトチャを積まれていてもほぼ確実に勝てます。

技はPTと相談ですが岩技、アイヘまではほぼ確定、残りはつばめがえしやじしん、こおりのキバやほのおのキバ、ちょうはつなどでしょうか。

 

ここまではある程度対面でや後出しで勝てるポケモンを紹介しました。

リザードン対策としてほかに考えられる有用な方法はステルスロックをまくことです。レートやってる方が多い中こんなこと今更いうのもあれですけど…。

岩が素リザでは4倍弱点なので、2分の1(切り捨て)のダメージが入るのは非常に大きいです。ただしこれだと初手リザードンに対する策が厳しいです。紹介したとおり強力なアタッカーでまともに受けることはできず、ステロをまいてる間に仕事されてしまいます。

 

初手での対面であれば、襷もちや頑丈で岩技を打てば比較的安定します。ただし、物理だと不意の鬼火が飛んで来たりするので、できれば上から倒したいですね。そういう意味での上記のポケモンたちなので、対策で困ったら使ってみて下さい。

今回の記事は以上です。今後も対策記事は書いていきたいと思っています。

 

長文失礼しました。

 

 以下対策記事リンクです

カプ・テテフ

http://atlasyu.hatenablog.com/entry/2017/02/25/103533

リザードン

http://atlasyu.hatenablog.com/entry/2017/03/02/235614

ミミッキュ

http://atlasyu.hatenablog.com/entry/2017/03/22/000155