読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポケモンレート環境攻略日記

中堅ポケモンを従えて全力で環境上位ポケモンを倒しに行くブログです。

オニゴーリの型と対策 環境上位ポケ攻略講座 ポケモンサンムーン

こんにちは。

シーズン4が開幕しましたね。

次の構築記事を書けるパーティが完成するにはまだ時間がかかりそうなので、対策記事を書こうかと思い立ち、自分自身が苦戦するポケモンで何がいたか考えていたところ、このポケモンに行きつきました。

f:id:atlasyu:20170518210901g:plain

そう、オニゴーリですね。

ある程度のシングルレート経験者なら一度は完敗したことがあるのではないでしょうか。

実際私自身がSMシーズン3にて2000チャレンジを一度回避ゲーで阻止され、これは許してはいけないという気持ちが強くなりました。

これは私の主観も入りますが、オニゴーリに関しては戦術ではなくただの運ゲーだと思っています。せっかく入念に考えたPTがこんなのに負けたら悔しいですよね?

というわけで今回はオニゴーリの対策記事です。

 

では基本性能です。

オニゴーリ

種族値 80 80 80 80 80 80 合計480

タイプ こおり

とくせい せいしんりょく アイスボディ ムラっけ

 

見ての通りほぼ特筆すべきところはありません。特性を除いては

実際、ムラっけがなかった時代は全くいないポケモンでしたからね。

 

この特性、ムラっけですが、

毎ターン終了時に発動、

 A、B、C、D、S、命中、回避のいずれかのパラメータが2段階上昇、

上昇したパラメータ以外のいずれかのパラメータが1段階下がる

という特性です。

つまり、運が絡みますが、ターンを稼ぐだけで回避まで含めたパラメータ上昇が期待できるということです。回避が変動するように作ったのはなぜなのか…。理解に苦しむところがあります。

 

オニゴーリの戦術はターンを稼ぐというのが基本になります。こちらはそれを阻止しなくてはいけません。

 

いつもならここでPGLのデータを出すところです。

やはり倒すためには敵の特徴を知るのは基本ですからね。

しかし、オニゴーリの型といえばほぼ一つしかありませんので、今回は省かせていただきます。

一応、特性はむらっけが100%、持ち物はたべのこしが85%、オニゴーリナイト15%といったところでした。思ったよりはメガオニゴーリ型多かったです。

しかし、メガオニゴーリ型に関してはSMで出会ったことがありませんし、少なくとも上位レートでは無視できる程度しかいないため、省かせていただきます。

この記事を見に来て下さってるあなたも恐らくたべのこし型の対策を考えているのではないでしょうか。

 

では型解説です。

f:id:atlasyu:20170518210901g:plain

たべのこし型

持ち物 たべのこし

性格 おくびょうorむじゃき

努力値 H172(16n+1調整) S252  残りDなど

技 まもる みがわり フリーズドライorこおりのいぶき じしんorぜったいれいど

 

前述のとおり、オニゴーリ対策は基本この型のみを考えれば良いです。

基本的には起点作り要因とセットで選出されます。

起点作りのポケモンとしてメジャーなのは

ジャローダと、でんきだまなげつけるガブリアスが多いですかね。

初手へびにらみやなげつけるで相手を麻痺させ退場し、オニゴーリでみがわりを残すように立ち回ります。

みがわりを残して起点にしたポケモンを倒してしまえば、あとは相手とのすばやさ関係に応じてみがわりとまもるを連打してターンを稼ぐというプレイングができます。対策がなければ思うツボです。まもるとみがわりのPPは早急に5にすべきだと思います。

関係ないですがポイズンヒールの回復も16分の1にしてください。開発関係者で誰か読んでくれないかな…。

 

さて、対策です。

オニゴーリだけを対策するならばそこまで高難度ではありません。

しかし、オニゴーリはKP30位以内にはおらず、一定数遭遇するものの、このポケモンピンポイントの対策ポケモンを入れると勝てないパーティになってしまいます。

汎用性も考慮しないといけませんね。

 

①ほぼ確実に勝ちが見込めるポケモン

f:id:atlasyu:20170518222533g:plain

ラプラス@みずZ

特性 ちょすい

性格 ひかえめ

努力値 B252 C252 D6

技 フリーズドライ ハイドロポンプ こおりのつぶて ほろびのうた

 

氷タイプで零度を無効化した上、身代わり関係なく通用するほろびのうたで流す型です。相手がラス1であればまず負けることはないでしょう。

このような型であればある程度汎用性を維持できると思います。

もちろん、オニゴーリ特化するなら特性シェルアーマーにしたり、耐久にさらに割いた方が良いですが、耐久無振りでもフリーズドライもじしんも乱数5発と余裕があります。

ラス1以外の状況であればむしろ下記のポケモンたちのほうが安定するかもしれません。


f:id:atlasyu:20170518223355g:plain

ギガイアス@こだわりハチマキ

特性 がんじょう

性格 いじっぱり

努力値 H244 A252 B4 D4 S6

技 ロックブラスト じしん ヘビーボンバー だいばくはつ

 

こちらは特性がんじょうで零度を無効化した上、みがわりは連続技かつ弱点をつけるロックブラストで突破します。

B上昇がなければロックブラストで確定2発、つまり3発あてればみがわり込みで確定です。

耐久面はじしんで確定4発、フリドラが乱数4発と十分です。

 

 ② ①のポケモンほど後出しの安定性はないものの、ある程度勝ちが見込めるポケモン

f:id:atlasyu:20170518224353g:plain

ゲンガー@ゲンガナイト

特性 のろわれボディ→かげふみ

性格 おくびょう

努力値 H252 D6 S252

技 シャドーボール ヘドロばくだん みがわり ほろびのうた

 

とくせいのおかげで逃げられないのがなにより優秀です。

ほろびのうたを打ち、みがわりをはりつつ相手の攻撃を耐えましょう。

汎用性は非常に高く、使いやすいとは思いますが、じしんで乱数2発をとられます。

もうすこしBに割いても良いかもしれません。まもるを入れてもいいかもしれません。

 

ほろび最後のターンにゲンガーを温存するなら交代が必要になります。ここで零度を食らうリスクがあります。裏に氷かがんじょうがいると安心ですがね。

 

f:id:atlasyu:20170518230117g:plain

クロバット@くろいヘドロ

特性 すりぬけ

性格 ようき

努力値 H252 D6 S252

技 ブレイブバード みがわり どくどく はねやすめ

 

すりぬけでの必中どくどくという強力な個性を持ったポケモンです。

こおりのいぶきで2発圏内なのが難点ですが、はねやすめを上からできれば半減できますね。ヘドロ込み息吹2耐えなどもう少しDに割いても良いかもしれません。

他にはポリゴン2や、タイプ上フシギバナに強いですが、汎用性という点でやや厳しいかもしれません。ゲンガー以上にオニゴーリ対策としては安定していると思います。

 

f:id:atlasyu:20170518231314g:plain

シャンデラこだわりスカーフ

特性 すりぬけ

性格 ひかえめ

努力値 C252 D6 S252

技 オーバーヒート シャドーボール エナジーボール めざめるパワー(氷)

 

こちらもすりぬけでみがわりを無視します。

オーバーヒートは170~200%の余裕の確1です。

スカーフ型で汎用性も問題ないでしょう。S調整が悩ましいですね。

 

 

 ③比較的優位に戦えるポケモン

 

f:id:atlasyu:20170518231942g:plain

ヘラクロスヘラクロスナイト

特性 こんじょうなど→スキルリンク

性格 いじっぱり

努力値 H252 A252 S6

技 ロックブラスト インファイト ミサイルばり じしん

 

今シーズン解禁で注目を集めていますね、メガヘラクロスです。

無駄の少ない種族値配分でポテンシャルが非常に高いポケモンです。技火力も十分です。環境に刺さるかが少し疑問なところはありますが。

フェイントも欲しくなったり技は悩ましいですね。

零度を一回は避けないといけないのが安定性では若干不安です。

ロクブラ当てれば余裕で倒せますね。

 

f:id:atlasyu:20170518232751g:plain

ニンフィア@こだわりメガネ

特性 フェアリースキン

性格 ひかえめ

努力値 H244 B4 C252 D4  S6

技 ハイパーボイス サイコショック シャドーボール めざめるパワー(地)

 

音技でのみがわり貫通です。

他にはバクオングでもよさそうですね。

耐久も十分で零度のない型であれば安定して倒せるでしょう。ハイパーボイスで乱数圏内です。

めざパのタイプなど技構成は考察の余地があります。

 

 

④運次第だがある程度勝てる可能性のあるポケモン

f:id:atlasyu:20170518234235g:plain

ハッサムハッサムナイト

特性 テクニシャン

性格 いじっぱり

努力値 H252 A252 S6

技 バレットパンチ どろぼう つるぎのまい はねやすめ

 

零度がなければわりと安定します。

どろぼうで後攻で身代わりを壊し、バレパンを次ターン入れます。

Bアップには舞で対処します。うまくいけば逆に起点にできますが、零度を避けないといけません。

 

f:id:atlasyu:20170518235103g:plain

パルシェン@きあいのたすき

特性 スキルリンク

性格 いじっぱり

努力値 H6 A252 S252

技 つららばり ロックブラスト からをやぶる こおりのつぶて

 

連続技ですが、火力が若干足りず、素では1発でみがわりが低乱数です。

フリーズドライがなければ安定して勝てるでしょう。

汎用性はここにいるポケモンたちの中でもトップクラスでしょう。

 

f:id:atlasyu:20170518233629g:plain

エルフーン@たべのこし

特性 いたずらごころ

性格 おくびょう

努力値 H252 D6 S252

技 ムーンフォース アンコール みがわり やどりぎのたね

 

先制アンコールで相手の行動を封じる型です。交代際の氷技が辛いですが、オニゴーリははじめのうちほぼまもるかみがわりなので、食らうことはほとんどないと思います。

いたずらごころの弱体化が響いてますが、十分実用性があるでしょう。

 

⑤対策としては弱いがある程度勝負ができるポケモン 

 細かい型は省きますが、バシャーモウルガモスなどがいます。ガモスはさざめきがあれば上記のポケモンたち同様優位に戦えるはずです。

 

さてこのくらいにしておきましょう。

考えて思いついたオニゴーリ対策はこのくらいです。1匹くらいはパーティに組み込めそうなポケモンがいたのではないでしょうか。

他に、のろいミミッキュドサイドンアシレーヌなども良さそうですね。

オニゴーリはみんなで撲滅を目指しましょう。

 

長文失礼しました。